新しいCADで地積測量図や境界確定図、建物図面まで1つのソフトで完成出来る2in1winの図面作成システム
  • 地積測量図や境界確定図、建物図面まで1つのソフトで完成出来る、土地家屋調査業務に特化した図面作成ソフト、それが、2in1win図面作成システムです!
  • ベースCADに、AutoCAD互換のIJCADを採用。 入力作図した形状の移動や変形など基本作業がマウスベースとなり、操作性が飛躍的に向上しました!
  • 法面など部品の連続配置やブロック塀等の特殊線を作図するための専用コマンドを多数用意しておりますので、現況図や境界確定図がより正確かつ簡単に作成出来るようになりました。
  • 業務に必要な機能のみ徹底的に絞り込んで製品化している事、そして、販売を直販に限定しているBBCの2in1winシリーズだから実現出来る、圧倒的なコストパフォーマンスです。

期間限定キャンペーン開催中!!

2016-10-16

表示登記申請システムは2016年12月30日まで、期間限定キャンペーンを行っております。

製品をご検討頂いているお客様は、ぜひこの機会をご活用ください!!

can1

期間限定キャンペーンパンフ&表示登記申請システムカタログ

2016-09-12

2016年9月30日まで、表示登記申請システム期間限定キャンペーンを開催しております。
詳細は、下記パンフレットにてご確認ください!

下記画像クリックにて、カタログの閲覧、またはダウンロード頂けます

property_dispa4-24 システムカタログ
(pdfファイル:10mb)
property_dispa4-4 キャンペーン案内
(pdfファイル:700kb)

ワンクリックだけ!求積表の表示・作成

2016-05-07

2in1winCADシステムは、求積表の表示・作成が驚くほど簡単
建物の各寸法を数値入力して出来た建物図面をCADで立ち上げ、CAD上の建物形状をワンクリックするだけで求積表が表示・作成されます。
また、表示する求積表の位置は、クリックする場所によって調整できますので、建物図面をよりイメージ通りに作成する事が可能になります。

(1)建物形状の入力 建物の各寸法を数値入力します

kyu1

(2)CAD 画面を起動 寸法入力が完了したら、CAD 画面を起動します
kyu2

(3)CAD上の建物形状の一部ををワンクリックするだけで求積表が表示・作成されます
kyu3

表示する求積表の位置は、クリックする場所によって調整できます
kyu4

取得した所有者情報をExcelで出力、CADで取込み

2016-04-26

2in1win表示登記申請システムは、取得した登記情報のデータを様々な書類に連動させ、作成した書類はもちろん、本人確認書類や役所の書類をきちんと管理出来ます。
例えば、物件や所有者など、取得した登記情報をExcelで出力し、さらにそれをCADシステムに取り込んで編集するなど、様々な書類に連動させて編集出来ますので、このシステム一つあれば、一連の作業を驚くほど効率的に進めることが出来ます。
また、先程のExcelデータは、他社のCADシステムでも取り込む事が出来るなど、非常に融通性の高いシステムとなっております。

(1)登記情報を一括請求→取得
物件や所有者だけでなく乙区の情報も取込めます。

a

(2)取得した登記情報をExcelで出力

2

(3)さらに、上記ExcelデータをCADシステムに取込

cad2

Excelデータは、他社のCADシステムでも取り込み可能となっており融通性の高いシステムとなっております。

2in1win、そのコストパフォーマンス(2)

2016-04-20
以前、2in1win製品が業務に必要な機能を徹底的に絞り込んで製品化し、販売を直販に限定している事から優れたコストパフォーマンスを実現している事をお伝えしましたが、保守サービスについても、他社サービスに比べて大変リーズナブルとなっております。
まず、他社サービスに比べて頂ければお分かり頂けると思いますが、年間保守料金そのものがリーズナブル
さらに、年間保守料は基本的に一定で、更新料は一切頂いておりませんので、ご利用頂いているお客様にご好評頂いております。
弊社インストラクターがすぐとなりで説明するようにわかりやすくサポートするリモート通信サポートや、朝8時30分から夜9時までの対応などのサービスメニューと、コストパフォーマンス併せてお客様にご安心頂きたい。それが、2in1win保守サービスの基本理念です!

CADシステムver.2016のファイル形式対応能力

2016-04-15

2in1winCADシステムは、ファイル形式に抜群の対応力を発揮。
APA,SIMA,CSV,DXF等、多様な様式のデータを取込みはもちろん、メニューの選択のみで、オンライン申請に対応した出力(TIFF)が可能であると共に、
多彩なインポートおよびエクスポート機能で、様々な状況に応じて業務を効率的に進めることが可能となります。

file

新しいCADで、『土地の図面』がより正確に!

2016-04-12

CADシステムver.2016は、新しいCADで『土地の図面』作成機能がパワーアップ!
これまでの作図機能では、各種計算後に出力された『土地形状』に、道路やヒゲ線等の情報が作図出来なかったのですが、ver.2016では道路やヒゲ線等の情報が作図可能となりました。
ですので、より正確な『土地の図面』の作成が可能になると共に、図面の情報量が増すことで、地積測量図や境界確定図、現況図の作成をより効率的に進められるようになりました。

(1)トータルステーションなどの測量機器やAPAデータから点情報を取込み

図1

(2)取り込んだ情報を元に結線を登録し作図画面へ

cad

(3)これまでの作図機能では、下図のように道路やヒゲ線等の情報が作図出来までんでした。

cad1

(4)ver.2016では、下図のように道路やヒゲ線等の情報が作図可能に!

cad2

ですので、より正確な『土地の図面』の作成が可能になると共に、図面の情報量が増すことで、
地積測量図や境界確定図、現況図の作成をより効率的に進められるようになりました!

Copyright(c) Basic Business Computers Inc. All Rights Reserved.