新しいCADで、『土地の図面』がより正確に!

CADシステムver.2016は、新しいCADで『土地の図面』作成機能がパワーアップ!
これまでの作図機能では、各種計算後に出力された『土地形状』に、道路やヒゲ線等の情報が作図出来なかったのですが、ver.2016では道路やヒゲ線等の情報が作図可能となりました。
ですので、より正確な『土地の図面』の作成が可能になると共に、図面の情報量が増すことで、地積測量図や境界確定図、現況図の作成をより効率的に進められるようになりました。

(1)トータルステーションなどの測量機器やAPAデータから点情報を取込み

図1

(2)取り込んだ情報を元に結線を登録し作図画面へ

cad

(3)これまでの作図機能では、下図のように道路やヒゲ線等の情報が作図出来までんでした。

cad1

(4)ver.2016では、下図のように道路やヒゲ線等の情報が作図可能に!

cad2

ですので、より正確な『土地の図面』の作成が可能になると共に、図面の情報量が増すことで、
地積測量図や境界確定図、現況図の作成をより効率的に進められるようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です